2006年02月28日

adCenterトラフィック量増加

MSN、adCenterのトラフィック量を70%増加へ
以下に引用します。

米Microsoftは2006年2月25日、近日中にオンライン広告プラットフォームadCenterのトラフィック量を70%増加することを明らかにした。最近行われたadCenterのアップデートによりシステムが一定の目標に達したと説明している。

このトラフィック量増加に伴い、adCenterコミュニティチームはパイロットテストに参加している広告主に対して
(1) adCenterの広告予算額に影響する、
(2) Yahoo! Searchキャンペーンからのトラフィックが減少することを説明。
今回のトラフィック増加は2月27日(月)を予定しており、広告主には28日以降に影響が出始めることになる。

adCenterの完成度が上がっているのだろうか?
日本で実施されていないので、よく様子が分からない。
posted by adsensekou at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

2005年11月13日

ビルの憂鬱

AdCenterがまだ日の目が出ない。
ソフトにしがみつくMSNに反し、サービスに徹するGoogleです。前は、MSNの引いた高速道路をGoogleがスポーツカーでビューンビューン飛ばしているみたいな感じがしていた。

今では、Google飛行機になってしまって、彼方此方で商売の種をセッセッと速いスピードで撒き散らしていて、MSNがその対応に追われいるまに、本業のソフトが必要になくなっていくような世界に、Googleがいざなっているような感じになってきました。

これでは、ビル・ゲイツも憂鬱になるよ。全社員に檄を飛ばしたい気持ちになると思う。

ビル・ゲイツ、「断絶を生み出す変化」に警鐘--オンラインへのシフトに檄


 Microsoft会長のBill Gatesは10年前、当時盛り上がりつつあったインターネットの巨大な波への対応を呼びかけるメモを社員に宛てて送付した。そのGatesがこのほど、同様の変革へ向けて弾みをつけることをねらいに、オンライン分野で多くのライバルに直面するMicrosoftが取り組むべき課題の概要をまとめたメモを社内に流した。

 「現在到来しつつある『サービス化の波』は、非常に大きな断絶を生み出すものとなろう」と、Gatesは米国時間10月30日付けのこのメモのなかに記している。CNET News.comが入手したこのメモは、同社の上級幹部に宛てて流されたもので、「われわれには、これらのアプローチを利用してわれわれに挑戦を仕掛けているライバルがいる」と書かれている。

 Gatesはこのメモのなかで、Ray Ozzieが先にまとめたメモを引用しながら、新たな収入源としてオンラインでの広告と各種サービスの分野を開拓することの重要性について、その概略を示している。

 「もしわれわれがこれに失敗すれば、われわれの知るわが社のビジネスがリスクにさらされることは明らかだ。われわれは、素早くしかも断固たる対応をとらなくてはならない」(Ozzie)

 CNET News.comはOzzieのこのメモも入手したが、そのなかにはMicrosoftが逃してきたビジネスチャンスが数多く記されており、競争上の脅威としてGoogle、Skype、Research In Motion、Adobeの名前が挙げられている。

 Ozzieは、ウェブベースのアプリケーションのようないくつかの分野でMicrosoftが優位に立てる可能性があったが、しかし同社よりも重点的に取り組んだ他社にリードを許してしまったと記している。

 「これだけさまざまなウェブサイトを展開するわれわれは、OWA (Outlook Web Access)の開発で先行していたことから、AJAXの潜在力を活用する点でもリーダーになっていたはずだった」とOzzie。「われわれには検索が重要になることはわかっていたが、しかし重点的にこの分野に取り組んだGoogleが、非常に強力なポジションを手に入れてしまった」(Ozzie)

 Ozzieはこのメモの中で、Microsoftの最も手強い競争相手としてGoogleを挙げる一方、YahooとApple Computerにも言及している。

 「Googleは明らかに最も目立つ存在だが、しかし彼らが進める無数の取り組みのうち、どれが単純に広告ビジネスの拡大をねらったものであるか、あるいはどれがわれわれの提供するものに大きな脅威を及ぼすものへと成長を遂げる可能性があるか・・・といったことは、いまのもてはやされからからすると断定するのが難しい」とOzzieは記している。「Yahooもまた、ソフトウェアとサービスからなるコミュニケーション関連の資産を相当持っているが、彼らはGoogleよりもメディア企業色が強く、その広告プラットフォームは例外的な存在だ。Yahooは、内部の資産としてこのプラットフォームの能力を利用しているように思える」(Ozzie)

 「Appleにも同じことが言える。彼らは『.Mac』や『iPod』と『iTunes』で、ハードウェアとソフトウェア、サービスを1つに統合し、シームレスな経験としてユーザーに提供する点で、うらやましいほど素晴らしい成果を上げている。しかし、同社の場合、外部の開発者が重要な製品やビジネスを構築することを可能にするという点には、それほど力を入れていないようだ」(Ozzie)

 同氏はまた、もっと規模の小さい、新たに頭角を現しつつある複数の企業にも言及している。これらの企業では、Windowsではなくインターネットをプラットフォームとして利用するソフトウェアやサービスを開発している。

 「作業をするのに各種のツールやライブラリを必要とする開発者は、インターネットで検索し、必要なものがあればダウンロードし、なければ開発したり統合したりして、それを手に入れる。さらに、それを実際に使ってみて、さらに調整を加えている。スピードとシンプルさ、それに緩いカップリングが何にもまして重要だ」(Ozzie)

 同時に、OzzieはMicrosoftがウェブベースの開発プラットフォームを作り出せれば、同社にもチャンスがあると考えている。

 「これらの新興企業のつくったものは『サービスプラットフォーム』で改善される可能性がある。しかし、皮肉なことに、急速な技術革新を可能にしている事柄が、同時にこれらの成功を阻むものにもなり得る」(Ozzie)

 Microsoftは、Windows Liveの発表にあわせて、開発者向けのプラットフォームについても話をしていたが、ただしサードパーティの開発者がMicrosoftの提供するものをベースにサービスを構築する方法については、詳細をほとんど明かさなかった。

 同社はすでに大規模な組織改編を行っており、一部の計画についてもその概要を公表している。だが、GatesとOzzieのメモは、同社がこの取り組みを急ぐことの重要性と緊急性を明らかに伝えている。


以上から分かるように相当ビルゲイツも危機感を持っているようです。
 
だから早くAdCenter稼動させて、サービスを増やさないと、そのサービスで負けるよ。

サービスとソフトの争いになっているのを、サービスとサービスの争いにしないと勝ち目はないと思う。
posted by adsensekou at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | AdCenter

2005年09月26日

AdCenter始まる

今日のニュースです。
AdCenterが、開始された。

米Microsoftのインターネット部門MSNは2005年9月26日、フランスとシンガポールで同社の検索連動型広告サービス「AdCenter」(アドセンター)を正式に開始すると発表した。10月から米国市場でも徐々に導入を進め、Yahooが供給する広告と自社の販売する広告を併用していくとした。MSNは来週までにYahooからの広告を完全になくしたい考えだ。


検索連動型広告プログラムの一部として、キーワードに対応した人口統計学的な利用プロファイルを広告主に提供する。それには、ユーザーの地理的位置、性別、年齢、検索が行なわれた時刻などが含まれる。これが極め付きのようです。

YahooのYPNが始まっていますが、2国で開始したAdCenterの方が、日本解禁は早いかもしれません。

Google AdSenseのライバルになっていくのか、面白くなってきたぞ。Google AdSenseとMSNのAdCenterを同じサイトに出せるのかな、そうすれば、収入比較できて面白そうですね。
posted by adsensekou at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

2005年08月17日

AdCenterか

MSN Keywords
の記事です。以下に引用します。

MSNは8月4日、独自の検索連動型広告「MSN Keywords」について、今年10月に500名のマーケッターを招待し、評価試験を行う予定がある事を明らかにした。

既にフランスとシンガポールでテストが行われており、いよいよアメリカでもテストが開始される。

この記事は、MSN AdCenterのことなのかな?

MSN AdCenterが、招待制でアメリカで10月から、開始されるというの。

Adsense(PPC広告)は小さな広告主と小さなサイトのマッチングに向いている。従来の広告は、1日に何百万ページビューもある大型サイトの広告枠を大きな金額で大手代理店が押さえ、そこに大金を支払える企業が広告を出稿するのが主流だった。無数にある小さな専門サイトや個人サイトに効果的に広告を出せるようになった。MSN Keywordsは、PPC広告をさすのかな。

おそらくPPC広告をさすのだと思うが、まだ小さなサイトに出せないので、AdCenterという名前にしようとしないのだろう。

posted by adsensekou at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

2005年08月16日

AdCenterまーだですか

MSN AdCenterは、シンガポール、フランスなどで実施されほぼ2ヶ月目に入った。

アメリカMSNにもその後実施するのか、発表がない。

早くある程度のベールを脱いでほしいと思う。あまり情報も流れていないみたいなので、逆に不気味ですらある。

どんなものなのだろう、興味深い。早く運用開始して欲しい。日本でYahooに追いつかないと思うなら、余計にはやく運用開始するべきと思うが、不正クリックにたいする予防をしっかりさせられないと、運用も難しいのだろう。
posted by adsensekou at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

2005年08月12日

MSNのAdCenter

MSNのAdCenterが告知されたが、一向にベールを脱がない。

いまのMSNの検索エンジンの能力からいって、あまり期待できそうもない。
検索エンジンが、いまひとつ、ぱっとしないのである。ベーターが取れたが、ほとんど変化が見られない。

これではGoogle AdSenseに勝てるはずがない。YahooのYPNは、まだ日本では稼動していないのでこれも分からないが、Yahoo経由の訪問者の多いところであれば、良い結果を残せる可能性がある。

独占状態がこわれるのか注目である。

どうもMSNは、URLを送っても、一度インデックスされても、しばらくするとインデックスされていませんと表示されるので、送ったURL破棄しているように感じます。変な検索エンジンのようです。インデックス保持できないほどのキャパなのかなぁ。
posted by adsensekou at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

2005年07月04日

AdCenterまだ入れない

AdCenterには、まだ入れないようです。

何度も試してみましたが、まだ、だめでした。

一応こういうものをやるのだという、MSNからのメッセージだと思います。

実現には、まだまだ、いろいろなことがありそうです。個人に開放するのは、一番最後だと思います。

関連記事
ライバルYPN
posted by adsensekou at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

2005年07月02日

AdCenterでアフィリエイトの多様化

MSNのペイパークリック広告(リスティング広告)です。β版ですが、出始めました。
AdCenterです。

選択肢が多いに広くなったと思います。2つの会社が同じようなサービスを行えば
、競争が生じます。それで更に良いものになることは、歴史が証明しています。

競争がなければ、よどみます。独占に胡坐をかくことになります。

新しい嵐のような、MSNのAdCenterになることを期待します。

MSN久しぶりにやる気を出したみたい。β版から短期に正式版に変われば、やる気を感じますが、いつもβ版から正式版に変わるのが長いのが特色だからな。

飽きた頃稼動するかもしれない。期待と裏腹の結果をいつもやってきた、MSNの本当のやる気を見せてください。

そうすれば、Googleも慌てるよ。幸い去年よりトラフィックが落ちたんだから、それくらいしないと、競争じゃないよ。

関連記事
ライバルYPN
posted by adsensekou at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | AdCenter

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。