2006年09月05日

ネットサービス無料化

ネットサービス無料化、グーグルが主導

 ネット無料サービスの先陣を切っているのは米グーグルだ。グーグルは従来の無線ネット接続に加え、先月末、著作権が切れた書籍の内容を無料でダウンロードできるサービスを開始した。シェークスピアの「ハムレット」、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」など古典が中心だ。

 同社はハーバード大学など六つの有力図書館と協力して蔵書をデジタル化、書籍の内容をキーワード検索できるシステムの開発を進めており、新サービスはこの一環としてスタートした。

Googleの主導でネットサービスの無料化が進んでいるのか。

本をネットで見れるようになるが、ぺらぺら前に後ろめくることがネットでは、やりにくい。

今までの本の読み方と違うよね。
posted by adsensekou at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23280230
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。