2006年03月24日

キーワード「印鑑」

Google 大阪営業所の開設

はじめまして。Google で広告サービスを統括する佐藤と申します。

先のブログでも触れたとおり、日本での Google は、2001 年の東京オフィス開設から 5 年を数えました。会議室やコピー機を共有する「間借り」タイプのオフィスからスタートし、 2004 年には東京研究開発センターを併設するまでに至りました。これもひとえにユーザーの皆様と ビジネス パートナーの皆様のおかげと、あらためて感謝申し上げます。

私は、入社以来、ずっと検索連動型およびコンテンツ連動型広告の市場の開拓に努めて参りました。今でこそ 590 億円に成長した (2005 年 検索連動広告費 - 2006 年 2 月 電通調べ)市場ですが、私が Google に参加した当時は、まったくと言っていいほどなじみのない広告サービスでした。「 Google アドワーズ広告」という当時まだ新しかった形のサービスを、各ポータルサイトのご担当者様、広告代理店の皆様、ウェブコンサルタントや地方の商工会議所の皆様にご理解いただくため、毎日電話をかけ続けたことは記憶に新しいところです。

なかでも、「印鑑」というキーワードを購入された広告主様で、検索結果の右側に表示される広告枠がはじめて埋まったときには、チーム一同拍手が起こったのは今でも忘れません。これは「今すぐ、実印がほしい」「発送日はいつになるんだろう」「送料は?」などなど、検索するユーザーのニーズに直結する情報として、広告主様からお預かりした検索連動型広告が果たした役割の重要性を実感した好例でした。

そして、このようなエピソードとともにユーザーの方々の温かい支持によって成長を続けてきた Google は、日本市場の広告事業拡大にともない、来たる 4 月 1 日に大阪営業所を開設することになりました。皆様からのご質問に答えるかたちで、大阪営業所に関する疑問を私なりに一問一答形式にまとめてみましたので、ご覧ください。

「印鑑」というキーワードを購入された広告主様で、検索結果の右側に表示される広告枠がはじめて埋まって、軌道に乗ったんだ。

印鑑と言うキーワード思いつかない、これじゃ駄目なはずですね。
AdSenseで成果が上がらないはずです。

ネット上の需要がわからずにアフィリエイトしているんだから、可愛いものですね。

需要のあるところ供給あるはずですね。また少し考える要素があることが、分かりました。

参考までにキーワード「印鑑」は、印鑑の検索結果です。

なるほど、印鑑のスポンサーは、たくさんありますね。日本らしいアイテムですね。Googleこれで、成功への確信を掴んだのですね。
posted by adsensekou at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。