2006年01月16日

中国人民銀行外貨準備高

中国人民銀行の外貨準備高、実質世界一に

中国人民銀行(中央銀行)は15日、昨年12月末時点の外貨準備高が8189億ドルに達したと発表した。前年同期比34.3%増で、昨年1年間で2089億ドルの大幅増となった。香港の同月末の外貨準備高は1243億ドルで、中国と香港を合わせた額は9432億ドルとなり、日本の同期の8468億9700万ドルを超えて実質世界1になった。

 このままの勢いで中国の外貨準備高が増えれば、今年中に単独で世界1になる可能性が高い。(時事)

中国人民銀行の外貨準備高が、世界1位になった。

それだけ工業化して、世界の工場に成り上がったということだろう。

中国の動向も注目しないといけない時代になったということでしょう。
短期間にここまで来たわけだ。
posted by adsensekou at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | Google AdSense日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11758534


Excerpt: 英語名称People's Bank of China)は中華人民共和国の中央銀行である。中国銀行 (中華人民共和国)|中国銀行(Bank of China)は市中銀行(旧外為専門銀行)である。ま
Weblog: 世界の金融用語
Tracked: 2008-02-19 07:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。