2005年11月30日

無料IP電話標準搭載

NEC、パソコンに無料IP電話標準搭載・来夏から個人用に


 NECは2006年夏から、無料インターネット電話ソフト「スカイプ」を個人向けパソコン全機種に搭載する。内蔵マイクなどを使ってスカイプ同士なら無料通話が可能になる。スカイプを利用した顧客向けパソコンのサポートサービスも始める予定。国内パソコン最大手のNECが無料通話ソフトを搭載することで、NTTなどが提供する固定電話通信離れに拍車が掛かる可能性もありそうだ。

 来夏発売予定のパソコン全機種にスカイプのソフトを標準搭載する。スカイプの入ったパソコン同士なら、利用者登録をするだけで、パソコンにマイクやヘッドホンを接続してすぐに無料通話ができるようになる。海外との通話も無料。NECは現在国内パソコン市場で約2割のシェアを持つ最大手だけに、国内でのスカイプ利用拡大のきっかけにもなりそうだ。

これでIP電話の増加に繋がる。他社もおそらく追従するだろうから、IP電話は、一遍に普及していくだろう。

そうなると固定電話は更に減少していくと思う。

更にGoogle Click-to-Callも一気に働き出して、需要が急増する可能性が高まる。目の付け所が、違うのかも知れないGoogleです。
posted by adsensekou at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

2005年11月29日

振り込み

Googleが新企画を続々と投入しています。

これだけの企画力のあるGoogleです、実行力もありそうです。

最初は小切手での振り込みでした。小切手に慣れていない日本では、もらっても換金手続きがたい変でした。しかもドル建てでしたからもっと、−−−

銀行振り替えになりましたが、どうして急に日本円での銀行振り込みになったのかな

ドル建て小切手で発行した理由は何なんだろう。

銀行側が躊躇したのかな、郵政公社が断ったのか?

受け入れ側が、何らかの理由で断ったと思う。Googleの実行力からいえば、受け入れ側の一部に障壁があったとしか、言いようがない。

便利になった。
posted by adsensekou at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

2005年11月28日

Google Click-to-Call

Googleもペイパーコール事業へ参入 - "Click-to-Call"のテストを開始

米Googleが新たなサービスとして"Click-to-Call"のテストを開始した。Googleのであるペイパーコール広告(Pay Per Call、電話課金型広告)事業への参入を示すものだ。


Click-to-Callは検索ユーザーが直接アドワーズ広告主に電話をして話ができる、Googleの新たな広告商品。Googleのサイトによると、検索結果に表れた電話のアイコンをクリックして、自分の電話番号を入力する。入力後に"Connect For Free"をクリックするとGoogleからユーザーに電話がかかってくる。その電話に出るとGoogleが広告主につないでくれる。電話料金はかからない。

Googleは検索ユーザーと広告主を取り次ぐが、そのユーザーの電話番号が広告主に知られることはないという。また、一定期間経過後、Googleサーバーからも電話番号は削除される。

米国ではローカル広告の市場拡大にあわせてペイパーコール広告も将来の成長が見込まれている。米国ではIngenioがサービスを展開している。米Yahoo!もペイ・パー・コール広告の試験を行っている。

※ ペイパーコール広告(Pay Per Call)とは:コール課金型、つまり広告に表示された電話番号にユーザーが電話をかけてきた時だけ、広告料金を請求する仕組みの広告。広告主はよりインタラクティブな反応を得ることができる。誰がどこから、いつ、何回電話をしてきたかもわかる点、Webサイトがない企業でもりようできる点が魅力。

Googleの新しい商売道具です。

電話がかかると、課金するシステムだそうです。

この場合の電話とは、固定電話のみなのかな?。携帯電話でもOKなのかなそれともIP電話だけ認めているのだろうか?

ゆくゆくは、ケータイ電話OKになるのか、IP電話OKになるのだろうが、すさまじい勢いで商売道具をそろえていますね。

参考:
Google Click-to-Call
posted by adsensekou at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

ブログ利用倍増

ブログ利用1年で倍増、SNSは6倍に・広告主協会調査


 ブログ利用者は1年で2倍、SNSは6倍――。日本広告主協会のWeb広告研究会はこのほどウェブサイトに関する調査を実施した。ブログ(日記形式の簡易型ホームページ)やコミュニティー型サイトのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)など消費者が情報を発信するサイト(CGN)の利用者が急増しているとの結果が出た。

 ネットレイティングス(東京・渋谷)の家庭からのネット接続データを基に分析した。

ブログ利用者は1年で2倍にもなったのか。
すごい勢いですね。

情報収集のために、ブログをとらえていると言うわけだけで、ブログを利用しているのかな?

確かに便利だが、なかなか、良い情報は得られるということにはならないというのが、実感でしょう。

それぞれの考え方で得られる情報も異なる。

posted by adsensekou at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense日記

2005年11月27日

電通

電通と在京民放5社、共同で番組ネット配信


 在京のテレビ民放5社と電通が共同で番組のインターネット配信事業に来春から乗り出す。民放各社の提供番組に電通が広告をつけ、定時配信する。放送局と広告会社が提携することで無料での番組ネット配信の普及に拍車がかかりそうだ。

 電通は同社が新設する運営会社への出資を民放各局に呼びかけている。すでにTBSが出資で大筋合意。フジテレビジョン、日本テレビ放送網、テレビ朝日、テレビ東京の4社は出資に関しては検討中だが、番組配信には参加の方針だ。博報堂DYホールディングスなど他の広告会社にも出資を申し入れる。

コマーシャルの電通が、動き出した。番組のインターネット配信事業を立ち上げようとしています。

無料番組ネット配信の普及を促進するそうです、無料でどこから利益を出す予定なのかな、
よく分からないが企業規模でやろうとすれば、利益を出す部分がなければ、成立しないのだから、必ず利益を確保する部分があるはずです。

コマーシャルみたいな、広告枠を配信して利益を出そうとしていると思う。分からないのが、配信会社への出資を博報堂DYホールディングスなど他の広告会社にも呼びかけていることです。

ライバル、博報堂DYホールディングスは、どう動くのでしょうか?インターネット配信事業へいよいよ本格参入してきた感じです。

コマーシャル広告会社の電通の動きに今後注目が集まりそうです。

Googleは、電通の動きをどう読むのかな。Yahooは、どのように反応してどうするのかな。
電通の動きに同調するのだろうか?
posted by adsensekou at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | Google AdSense日記

2005年11月26日

円の相場11月26日

銀行振り込みの時期になってきました。

そこで、相場を見に行きました。
1ドル119、71円の円安でした。

円で振り込まれると収益高く感じますね。

参考:
外国為替情報
posted by adsensekou at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替情報

2005年11月25日

オンサイト サインアップの謎

オンサイト サインアップも作動しているようです。

このシステムは、広告主から見れば、やや不満が出そうです。

サイト保有者からも、不満が出るでしょう。
単純すぎるためです。広告主はサイト広告してくれるサイトを探すのですが、探して良いなというサイトがあっても、AdWordで申し込む時に、細かくページが指定できないようです。

だから複数サイト、ブログ運営している場合に、野球のサイトと歌のブログを運営している場合では、野球のグローブ業者が広告主として野球サイトにグローブの広告を出そうとします。

広告主としては、野球のサイトにだけ広告を載せたいのですが、歌のブログの方にもグローブの広告が出てしまうような感じがします。

広告主は、余分な歌のブログから、クリックを受ける可能性もあります。

サイト保有者も、なんで歌のブログにグローブの広告が出て、厭だなーと思います。またクリックされない可能性もあります。無駄な広告の占有になってしまいます。

広告主とサイト保有者の仲介には完全になっていないような気がーーー。

その仲介する申し込みページが何のサイトかが、分からないためなのかな?。
サイト毎に作るしか、ないと思います。少なくともサイト毎に申し込みが、出来ないといけないと思う。もっと良いのは、ページごとだと思います。

URLだけで広告募集のページを作ってもどんなページかも良く分からないんじゃないかな。広告主は、複数サイトかどうかも分からないのなら、見分けがつくページにする必要性がある。

いまどき、ブログとサイトを2つ持っているのは当たり前の時代ですから、余計混乱を起こしそうですよね。

そんな謎というか、オンサイト サインアップは、欠点があるように感じます。これは推測です。AdWordに、入っていないので予想推測の域です。

英語のページには、まだ現れていないのは、フィルターでも掛かっているのかな。

広告主が、貼りたい場所を指定できたら、すばらしいツールです。

参考;
アドワーズ広告™

Google AdWords ads connect you with new customers at the precise moment when they're looking for your products or services. The Google Network reaches more than 80% of Internet users.*

With Google AdWords you create your own ads, choose keywords to help us match your ads to your audience and pay only when someone clicks on them.

キーワードしか選べないんだAdwordは、そうっかぁ。
posted by adsensekou at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

紹介動いているのかな

紹介貼ったけど動いていないように感じます。

表示されないみたいです。

Google AdSenseのレポートを見ると、紹介のクリック数に数字が入ります。ただし申し込みの数字は0です。

何か変な感じなのですが、動いているような感じもします。

よく分からないというのが私の感じです。はっきりしないのです。
posted by adsensekou at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

2005年11月24日

オンサイト サインアップへの移行

オンサイト サインアップは、始まったばかりだが、オンサイト サインアップへの移行する広告主が多いのではないかと思う。

ページを指定して、このページに貼りたいという考えを広告主はお持ちでしょうから、すぐにそのような方向にシフトしていくと思う。

気に入らないページに出して不本意にクリックされるよりも、自分で選んだ適切なページの方がクリックされれば、利益を出しやすいと思う。

そのように考えると、広告主側も必死になって、商材に適切なページを探すと思う。そうなれば、Googleのトラフィックも増えます。また検索精度の高い検索エンジンをより使うことも考えられます。

また広告主同士の、熾烈な争いになれば、オンサイト サインアップで契約したページは価値が高まります。それで1クリックの値も高くなります。

広告主にとって価格が高くなるのはいたいのですが、収入に直結するのであれば、ある程度高くてもやむ終えないと思います。

これからは、商材を如何に、誘導するかでページの価値が高まりそうです。でもどのようにするのかは、未だ闇です。少し試行錯誤しないといけません。

これからは、ただ、AdSenseを貼っているページだけでは、売れないと思う。

Googleは、すごい市場原理をネット広告界に持ち込んだと思う。これで広告主の不満も少し解消されそうです。同時にサイト保有者の不満もやヽ解消できそうです。

SEOの重要性はまだ相変わらずです。

Google AdSenseについて書いているこのブログにGoogleがAdSenseを貼ってみようとおもうくらいのコンテンツが出来て、Googleが貼ってくれれば、良いのですがそれは今のところ無理です。

広告主が注目するほどのサイト・ブログを作り、貼ってもらえば大成功です。オンサイト サインアップは、そういう広告をGoogleが構築したいという意思の現れです。ただしブログでは、やや不利なのでは、ないかな。記事ごとは、難しいと思う。

このブログにGoogleがAdSenseの広告を貼る事を目標にします。敷居が高くなった広告です、電信柱広告から抜け出したということです。Onsite Signupの意図を読み解くとこうではないのかなというGoogleの強い姿勢を感じます。

しかもオープンなのが一番良い。一番伸びる要素があります。

MSN、Yahooは太刀打ちできないかもね。遅れすぎだな。
posted by adsensekou at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | Google AdSense

「オンサイト サインアップ」始動

「オンサイト サインアップ」が始動したようです。

Google AdSenseの中に、「このサイトに広告を掲載」と出ていれば、「オンサイト サインアップ」が稼動しています。

でも稼動したのは良いのですが、広告主集まるかどうか、不安です。

なぜならば、アクセスがあまりないので、見向きもしてもらえないと思うからです。

やはりコンテンツの充実の重要性を更に認識いたしました。

さてコンテンツの充実ですが、大変な問題ですよね。今までは感じたことを書いていただけですから、それを充実させるーーー

これからGoogleは、どのような方向に行くのだろう。今までよりもより広告代理店の様相が強くなった。

中規模企業向けのための、「オンサイト サインアップ」と言う感じがします。個人向けではないが、それでもアクセス数があるサイトには、かなりの恩恵があると思います。

これからは、全てのサイト・ブログが、「オンサイト サインアップ」で広告店になるかもしれない。広告を出すことが、ぐーっと身近になった。

これからは、業者から申し込まれるトップページへの相互リンクも減るものと思います。トップページ相互リンクよりも、「オンサイト サインアップ」でおねがい致しますと断ることが出来る時代です。

Googleがなかったなら、こんな時代は来なかっただろう。Googleは、時代をもリードしているのは、確実です。今まで広告なんて、電通、テレビだけだと思っていたのが、個人でも可能な時代にしちゃったのが、Googleだ。

しかもGoogle主導の広告から、サイト運営者の広告になろうとしています。広告主の入札制だから、この影響は大きいです。個人サイト運営者も、やや立場が上がりました。良いことだと思います。個人サイト保有者もやっと、広告店主になったと思います。
posted by adsensekou at 07:41 | Comment(1) | TrackBack(3) | Google AdSense

2005年11月23日

解析道具は揃ったが

Googleの解析道具は、そろいました。

しかしこのようなアクセス数の少ないブログでは、あまり意味がないのかなと言う気になります。

AdSenseの収益に関連して情報を取りたいと思いましたが、どのように操作したらよいのかが分かりません。

宝の持ち腐れになりそうです。

このような人でも、Analyticsを入れているんですから、Googleアクセス増えて、おかしくなると思います。

もう少し待って、Google操作方法を出してくれれば良いのですが、出さない可能性もあります。難解文字のGoogleですから、出しても理解できない可能性もあります。
posted by adsensekou at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2005年11月22日

Google Analyticsふたたび

Google Analyticsが再び動いた。

Google Analyticsで表示される日付が増えた。午前三時頃のことです。いつから復調したのかは、分かりません。
解析できるようになりました。サーバー増やすの、こんなに簡単に出来るのかな?もっと時間が、かかるものと予想していました。

分析の結果は、多機能なのだろうけれども、取扱説明書がないと同じで、まだはっきり良く分かりません。Google AdSenseとまだどう結びつけるのかが、分からない。

従って、宝の持ち腐れのような気がします。
Google Analyticsでうまく分析、解析を発揮させる能力が、まだ私にはありません。
ようやく項目をつかむかやっとおぼろげながら、やり始めた段階です。

多機能を使いこなせる、段階までいたっていません。

Google Analyticsが使いこなせるようになるのが楽しみです。

まだ分析途上な気がしてなりません。
posted by adsensekou at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense日記

2005年11月21日

Google新企画盛んに

Googleが、いろいろ新企画を打ち出しています。

導入しようと努めますが、なかなか説明文そのものがわかりずらいこともあり、ちゃんと出来たかが、怪しい。

サイト上に、ロゴが見えない。どうなっているのかな。腕が悪いので、いろいろと中味がいじれないためです。特にブログだと、どこを修正したらよいかも分からない。

もうチョット説明文を、分かりやすくして欲しい。

Google新企画でまだブログ表示しないものがある。どこで遊んでいるのだろう。早く表示してよ。やりかた悪いので表示されないと言うことは、認めます。

新企画参考;
Google Help : Add to Google button
Google Reader
posted by adsensekou at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

2005年11月20日

オンサイト サインアップ

オンサイト サインアップ と言うものが、Googleに出来ました。

広告主に自分のサイトに広告を貼ってくださいとPRするようなもの見たいです。

広告主が自主的にはれるページを選べるようですね。

広告の質が上がるのではないでしょうか。自分の広告を今までは、Googleが、機械的に選んでいたのから、広告主が直接選べるようになれば、クリックされる確率も高くなるので、広告主には、効率的運用が出来ます。

Googleは、世界最大の広告仲介業者になっていきます。広告主ーGoogleーサイト運営者です。
今まではGoogleが一手に取り持っていましたが、今回のオンサイト サインアップ で広告主ーサイト運営者が広告主から直接選べるようになりました。

オンサイト サインアップ は、かなり画期的な方法です。

始めまったばかりなので、オンサイト サインアップ にサイト運営者の方が自分を売り込めるのかは、まだ分かりません。売り込めればもっとすごいものになります。

オンサイト サインアップ は、今までの広告モデルを破壊しそうな確かな手答えを感じさせます。独占状態なのにそれを破壊してまで、更に良い方法を模索するGoogleと、相変わらず何も出来ないYahoo,MSNでは、勝負あったと言う感じですね。突き進む姿勢のGoogleが自分は好きです。

能率的な、広告を求めて、今日もGoogleは、行く。どこに行くのだろうか?

参考;
新規の広告主をお客様のウェブ ページから直接獲得しましょう

オンサイトサインアップ
posted by adsensekou at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | Google AdSense

Google Analyticsが変

Google Analyticsが、変です。

多くのアクセスがあるのか、アクセスしようとすると、アクセスする入り口が、全く表示されません。昨日の夜遅くの出来事です。

今日の朝は、入り口表示が出ていました。もちろんアクセスしたら、繋がりました。

けれども、分析結果は17日だけで、18日の分析は、なかった。

解析ソフトなのに、機・がダウンしているようです。

多機・を謳っていますが、Googleの日本語がまた、よく分からない。毎度のことですが、何を言いたいのかが分かりません。

説明を受けても、言葉の遊びのように感じます。具体的例を上げて説明してくれたら、もっと分かりやすいように感じます。それをしないと、私は概要しか使えない気がします。取説が欲しいよ。

アクセス集中のため、Googleダウンしてしまったのでしょう。

posted by adsensekou at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense日記

2005年11月19日

私のブログの値段

How Much Is My Blog Worth?

によると、私のブログの値段は
My blog is worth

      $3,387.24.


だそうです。遊びとしては面白いが、なんの根拠があるのだろうね。
計算方法が知りたいです。
posted by adsensekou at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense日記

コンビニと提携

セブン−イレブンとヤフー、包括業務提携に向け検討開始で基本合意


(1) インターネットオークションに関する物流と決済の拠点
■ セブン−イレブン店舗を拠点とした落札品の物流、受け渡し業務
■ セブン−イレブン店舗における落札代金等の収納代行

(2) 共同インターネットサイトの構築・運営
■ セブン−イレブン店舗のプロモーションを行う共同インターネットサイトの構築・運営
■ Yahoo! JAPANサイトの関連コンテンツ内からの共同サイトへの誘導
■ Yahoo! JAPANサイト内の広告からの共同サイトへの誘導

(3) 地域情報関連サービス
■ セブン−イレブン・ジャパンの有する商品販売データ等とYahoo! JAPANの有するインターネット上の各種データを連動させた、双方向での来店促進、販売促進等
■ セブン−イレブン店舗でのYahoo!クーポンの利用およびYahoo!クーポンを活用したセブン−イレブン店舗への来店促進等、Yahoo!クーポンサービスとセブン−イレブン店舗との連携

(4) 会員獲得
■ セブン−イレブン店舗におけるパンフレットの設置等によるYahoo!プレミアム会員、Yahoo!BB会員、Yahoo! JAPANカード会員等のYahoo! JAPANサービス利用者獲得の促進

(5) チケットの発券サービス
■ Yahoo!チケットで販売した興行チケット等のセブン−イレブン店舗における発券・受渡し

(6) 決済関連ビジネス
■ セブン−イレブン店舗における「Yahoo! JAPANカード」の利用促進および関連業務
■ セブン−イレブン店舗におけるYahoo!ポイントの利用

「Yahoo! JAPAN」のアドレス  http://www.yahoo.co.jp/
「セブン−イレブン・ジャパン」のアドレス http://www.sej.co.jp/

コンビニと、へェーそうか、意外なところで提携したな。
物流部門も巻き込んだIT業界の再編成が進むのだろう。

コンビニのその他の会社が、どのネット会社と提携していくのかが、今後の見ものです。
Livedoor、楽天がどういう動きをしていくかです。

ampm、ファミリマート、ローソン、デイリー山崎、ミニストップなどはどこと提携するのだろう。




posted by adsensekou at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(2) | Google AdSense日記

2005年11月18日

Google株急騰

米グーグル株400ドル突破、上場から15カ月で4.7倍

インターネット検索最大手、米グーグルの株価が17日、米ナスダック市場で400ドルを突破した。300ドルの大台に乗せ、時価総額でメディア大手の米タイムワーナーを抜いたと話題になってから5カ月足らず。ネット広告を駆使した収益モデルへの成長期待が高まっている。

 グーグル株の同日終値は前日比5.3ドル(1.33%)高の403.45ドル。時価総額は1126億ドル(約13兆4000億円)となり、米企業の17位につけた。3位のマイクロソフトと比べると時価総額は6割少ないが、シスコシステムズを3%上回った。

 グーグルは昨年8月の上場。株価は15カ月で公募価格(85ドル)の4.7倍になった。株価が200ドルを超えてから300ドル突破までは半年近くかかっており、株価上昇ペースは加速している。

 米調査会社によるとネット広告市場は1―6月期に米国だけで前年同期比26%増の58億ドルに達した。グーグルはネット検索と連動させた広告手法を確立。7―9月期の純利益が同7.3倍となるなど急成長ぶりが際だっている。

Google株が急騰しています。

ますます大きくなる会社ですね。

いつマイクロソフトに追いつくのかが、焦点になり始めました。

マイクロソフトの敵は、Googleであって、Yahoo!ではない。

いやはっきり言わせていただければ、マイクロソフトも、もはや敵ではないかも知れません。

恐ろしいスピードで追いつき追い越していっています。すごいことです。

日本の円がドルに比し、円安になっているので、円換算すると、さらにGoogle大きくなっちゃいます。
posted by adsensekou at 11:36 | Comment(2) | TrackBack(3) | Google AdSense日記

2005年11月17日

Google Analyticsの貼り方

「デザイン」というところをクリックします。
次に「HTML」をクリックします。
そのページ内の「HTMLの追加」をクリックします。
以下の文章が現れます。

<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
<title><% blog.title %><% if:extra_title %>: <% extra_title %><% /if %></title>
<meta name="description" content="<% blog.description | nl2br | tag_strip %>" />
<meta name="keywords" content="<% blog.keywords | oneline | tag_strip | __or__ | blog.title | oneline | tag_strip %><% extra_keywords | oneline | tag_strip %>" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<link rel="stylesheet" href="<% css.page_url(page) %>" type="text/css" />
<link rel="alternate" href="<% blog.page_url %>index.rdf" type="application/rss+xml" title="RSS" />

Google Analyticsからもらったスクリプトの文字挿入

<% if:blog.has_foaf -%>
<link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<% blog.page_url %>foaf.rdf" />
<% /if -%>
</head>
<body>
スクリプト挿入して「保存」をクリックした後再構成します。
これがSeesaaの場合の手順です。ほとんどのブログはこれで貼れると思います。

Google AnalyticsにもらったScriptを貼り付ければ、完了です。20時間ほど待ちます。

posted by adsensekou at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google AdSense

広告主の不満

Google AdSenseは、いろいろなサイトに広告主の広告を貼ります。Google Analyticsが提供されて、更に細かく広告効果を検証できるらしい。
そうなると、なんでこんなサイトに自分の会社の広告を貼るのという疑問も出てくると思う。

そのとき広告を貼りたくないサイトを指定したという願望を持つはずです。
しばらくは、おかしいけれどまー良いかという状態ですが、

更にクリックされてお金を支払えば、余計に感じます。
更に、このサイトに貼ってもらいたいという願望が生じても不思議はありません。

そのとき、Googleは、どのような手を打つのだろうか?良い手が打てるなら、広告主は安心である。

サイト保有者は、もう既に、何でこんな広告が出ているのかな?という不満はあると思うが、制度上、Googleが提供する広告しか表示されないので、我慢しかない。

広告主が、貼って欲しいサイトを決められれば、更に良くなるわけだから、Googleが、広告主とサイト運営者を満足させるGoogle AdSense に改善できるかが、急務だろう。更に進化させたPPC広告にしないと、いつか行き詰る感じがします。
アドセンス狩りもここに根っこがあるよう思う。

Google Analytics を経験すると、このことに気づくような、データーが出てくる予感がします。すばらしいソフトです。

経営層、マーケティング担当者、ウェブマスターという項目があるのでそれぞれの感想を使いこなすほど持つと思います。

続きを読む
posted by adsensekou at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(3) | Google AdSense

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。